« Jリーグの審判について | Main | プロ野球のテレビ中継について »

国内有名スポーツ選手の海外流失について

テーマ選択の動機 テーマ提供 長峯卓矢

 野球にせよサッカーにせよその他スポーツにせよ、各スポーツ界での有名選手の海外流出が昨今非常に目立ちますが、日本人プレイヤーが世界に認められたという点においては喜ぶべき事であるし、またそういった話題によってマイナースポーツであっても知名度を上げられるなど利点もあると思います。しかし、有名選手が海外へと流出することで、日本国内の各種スポーツの質の低下や、人気の低下が起きてしまうのではないかなどの示唆すべき点も多々あると思います。そこで、皆さんが有名選手の海外流出についてどのように思っているのか興味をもったので今回のテーマとしました。

<話し合いを終えて>
■有名選手の海外流出は日本スポーツ界において有益か否かについて。
 これは、全員が有益と答えた。
 有益な点としては
  ・経験を積むことによるプレーヤー自身の質の上昇
  ・ポスティング等、金銭面での有益性
  ・選手や観客の励みになる
  ・帰国後の日本スポーツ界への貢献
  ・海外スポーツが注目される 
などが挙げられた。
 しかし逆に
  ・国内のレベル、人気の低下
  ・世界大会に選手が招集できない、また招集できたとしてもコンディショニングが難しい
  ・集客率の低下
  ・ゲームの魅力が半減する  
などのデメリットも挙げられた。

■海外流出に制限をかけるべきか否かについて。
 これは、最初は全員がすべきではないと答えたが、様々な意見を聞くことによって答えが変化した。
 制限すべきではないという意見では
  ・選手の意思を尊重すべき
  ・選手のモチベーションが低下する
  ・スポーツ界はともかくとして、選手個人にとっては有益であるなどの意見が出た。

制限すべきという意見では
 ・有名選手が海外へと活躍の場を広げることによって若手にチャンスが与えられても、周囲のレベルも低いから成長できない
 ・良い選手が国内にいることで国内のレベルも上昇するし、試合も盛り上がるなどの意見が出た。

結論
  結論としては有名選手の海外流出は、選手個人に関しては非常に有益であり、様々な経験を通じて大きく飛躍する機会であると思う。しかし、日本スポーツ界側からの視点で考えてみるとやはり損失が大きいのではないかとも考える。確かに選手個人のレベルアップや後のスポーツ界への貢献など有益な点も多々あると思うが、あくまでそれは後のことであり、「今現在」のスポーツ界においては損失が目立つのである。したがって自身の考えとしては選手の海外進出は有益ではないという考えに至った。
 そして、海外流出を制限すべきか否かについては、ある程度の規制は必要だが、やはり選手個人の意思に任せるのが一番ではないかと考える。前述と若干の矛盾はあるかもしれないが、意見として出ていたとおり、人生は一度きりであり、選手としての寿命はさらに短い。それを勝手な規制によって個人のチャンスを潰してしまってはそれこそ選手のモチベーションが下がり、本末転倒である。したがって、規制は最低限とし、選手の意思を尊重することこそが重要であると考える。

⇒スポ研トップページへ戻る


« Jリーグの審判について | Main | プロ野球のテレビ中継について »